過払い金は戻ってくる

  • 過払い金は戻ってくる

    • 2010年以前から消費者金融からローンを組んでいる方や、以前ローンを組んでいた方は、過払い金が発生している可能性が高いです。

      過払い請求で快適な暮らしを実現しましょう。

      過払い金すなわち払い過ぎということですので、多く払いすぎた分は返還請求をすることができます。

      現在は一部の悪質なヤミ金のようなところでお金を借りない限り、過払い金が発生する心配はほとんどありませんが、2010年までは逆にほとんど消費者金融では過払い金が発生していました。



      これは金利に対して2つの法律があり、それぞれ上限が違っていたことに起因します。一つは出資法と呼ばれるもので、こちらでの上限金利は29.2%となっていました。
      ところがもう一つの利息制限法という法律では、金利の上限がローンが10万円未満で20%、10〜100万円未満で年18%、100万円以上で15%となっていました。



      この二つの金利に対する法律が存在していたために、多くの消費者金融ではその中間の金利を設定していました。
      これをグレーゾーンといいます。

      しかし、2010年に貸金業法が改正されて、個人融資の金利の上限は利息制限法が適用されるようになりました。

      この結果、2010年以降だけでなく、それ以前にも遡って、払いすぎた分を過払い金として返還請求することができるようになったのです。
      ただ個人的に金融機関に対して返還請求することは難しく、弁護士や司法書士などの専門家を通して返還請求するのが良いでしょう。

      その際には実績のある事務所を通すとよいでしょう。