手外科をご存じですか

怪我や病気になると、私達はその分野の専門医にかかります。例えば外科と一口にいっても、

整形外科、脳外科、消化器外科など、病気の内容や部位により幾つにも分かれています。それらの中のひとつに、手外科があります。

手の動き、働きは私達の毎日の暮らしに大きく影響を及ぼす大切なもの。手には多くの微細な神経、血管、腱などが密集しており、治療、手術には細心の注意が必要です。

そのため、整形外科の中でも特に手を専門とし、高度な技術力で診断、治療に臨んでいるのが手外科という事になります。

手外科では手のひらや指だけを診ていると勘違いされる方も多いのですが、扱われるのは指先から肘、肩まで上肢全体。神経の損傷やテニス肘、腱鞘炎から腫瘍まで、手の様々な怪我、病気に対応しています。

事故などで指を切断された場合、それを再装着手術をしているのも手外科医です。

彼らは、整形外科医または形成外科医の資格取得後にさらに手外科に関する特殊な研修を受け、なおかつ専門医試験に合格したスペシャリストたち。

手という繊細な部分を扱うには、それだけの高い技術力と専門性が必要となるのです。そんな手のスペシャリストたちですが、実はまだそう多くありません。

少しずつ増えてきてはいるものの、県によっては数名の専門医しかいない場合もあります。手のトラブルでお悩みの方は、まずお住まいの近くの各病院ホームページ等で手外科の専門医がいるのかどうか調べてみると良いでしょう。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です